相続相談をするメリット

次に相続を行う際に税理士へ相談し代理手続きをしてもらうことのメリットをご説明いたします。税理士は税法上の知識のスペシャリストです。相続では「相続人が実は他にいた」というような想定外のケースが発生することが非常に多いですがそのような場合でも適正に処置してくれます。また税理士にお願いすることで幅広い知識を生かして節税が可能です。相続手続きを行い本当はもっと税金が掛からなくて済むという事例は多いのですが税務署は決して教えてくれないので注意が必要です。

相続手続き完了後に税務署でまだ相続税を取れると判断した場合は税務調査が行われます。基本的に相続税が掛かるような場合は死亡届を出すとすぐに来訪してくることが多いです。
なお相続を行う際に税理士が代理で手続きをしていることでチェック漏れも少なく税務署が来るようなことは格段に少なくなります。また相続相談をするメリットとしてあげられるのは税理士に限らず専門家は専門家同士でのネットワークが強く専門外の分野でも紹介をしてくれることです。

そのことによりより早く相続手続きを完了することが出来ます。なお相続手続きは被相続人が亡くなった翌日から10ヶ月以内に済ませなくてはいけません。相続人が複数いたりする場合は意外と時間が掛かるのです。

関連ホームページ<川崎横浜|相続専門|【ソレイユ相続相談室】 税理士法人共同会計社>

税理士の役割

今では様々な家庭環境がある中で、一般人にはとても難しい言葉や手続きが多く専門家に相談することも多いことでしょう。税理士や司法書士、弁護士、銀行と様々な専門家が存在します。その中でも特に税理士の役割についてお話させて頂きます。一番の役割はあらゆる税金の計算をすることでしょう。また、税理士とは税法上の知識のスペシャリストであり税法に基づいて中立な立場にのっとってアドバイスします。法人の確定申告書いわゆる決算書の作成や個人の確定申告書の作成もします。

そのようなことから、企業の良きアドバイザーとして税務上だけではなく経営者の立場に立った上での経営分析も行っています。相続に関して言うと相続手続きするに当たってのアドバイスや代理手続き業務などを請け負っています。見解によって税法の解釈が違う場合が実は多くそのような場合に税理士の先生の出番といえるでしょう。

本来納めなくても済むような税金まで納めないように総合的に適正な判断をしてくれるのです。また相続に関係するのはお金だけではなく不動産も扱います。この不動産を取得した際の手続きに関するアドバイスなども行っているいわば税理士は総合的なアドバイザーなのです。

相続相談について

本来、親族が亡くなった際には相続人全員で相続手続きに入ります。しかし遺言書の有無、相続財産の不特定、相続人間の不仲など様々な要因によって最近では税理士、弁護士、銀行などに外部委託することが多いです。税理士や弁護士は昔からそのような代理業務を行ってまいりました。最近では銀行でも専属の税理士などを抱えていることが多いです。また相続件数の増加や相続をきっかけとした顧客とのお取引中断などが多いことから相続代理手続きや相続相談を受ける銀行は増えています。最近では銀行の融資などによる収益低下のためそのような代理業務などの手数料収入を見込んでいるのでしょう。

なお一般的には相続というのは人生に数回しか経験しないことです。相続を受ける際に相続税が発生する割合は全体の数パーセントとは言われていますがしっかり手続きを踏まないとあとで後悔することにも繋がります。またあとから修正するには時間やお金が掛かることはもちろんのこと何より状況が変わっていることによる手間が多いので、相続税が掛からない場合でもなるべく専門家や金融機関へ相談したり手続き以来をすることをおすすめいたします。

なおあまり外部機関に頼りたくない場合は相続手続きには難しい決まりやその時々の税制上に従って正しく行わないと失敗することにも繋がりますので慎重にすすめてください。人の死のタイミングは決められませんが税制が変わるタイミングでの相続手続きは特に気をつけてください。