税理士の役割

今では様々な家庭環境がある中で、一般人にはとても難しい言葉や手続きが多く専門家に相談することも多いことでしょう。税理士や司法書士、弁護士、銀行と様々な専門家が存在します。その中でも特に税理士の役割についてお話させて頂きます。一番の役割はあらゆる税金の計算をすることでしょう。また、税理士とは税法上の知識のスペシャリストであり税法に基づいて中立な立場にのっとってアドバイスします。法人の確定申告書いわゆる決算書の作成や個人の確定申告書の作成もします。

そのようなことから、企業の良きアドバイザーとして税務上だけではなく経営者の立場に立った上での経営分析も行っています。相続に関して言うと相続手続きするに当たってのアドバイスや代理手続き業務などを請け負っています。見解によって税法の解釈が違う場合が実は多くそのような場合に税理士の先生の出番といえるでしょう。

本来納めなくても済むような税金まで納めないように総合的に適正な判断をしてくれるのです。また相続に関係するのはお金だけではなく不動産も扱います。この不動産を取得した際の手続きに関するアドバイスなども行っているいわば税理士は総合的なアドバイザーなのです。