相続相談をするメリット

次に相続を行う際に税理士へ相談し代理手続きをしてもらうことのメリットをご説明いたします。税理士は税法上の知識のスペシャリストです。相続では「相続人が実は他にいた」というような想定外のケースが発生することが非常に多いですがそのような場合でも適正に処置してくれます。また税理士にお願いすることで幅広い知識を生かして節税が可能です。相続手続きを行い本当はもっと税金が掛からなくて済むという事例は多いのですが税務署は決して教えてくれないので注意が必要です。

相続手続き完了後に税務署でまだ相続税を取れると判断した場合は税務調査が行われます。基本的に相続税が掛かるような場合は死亡届を出すとすぐに来訪してくることが多いです。
なお相続を行う際に税理士が代理で手続きをしていることでチェック漏れも少なく税務署が来るようなことは格段に少なくなります。また相続相談をするメリットとしてあげられるのは税理士に限らず専門家は専門家同士でのネットワークが強く専門外の分野でも紹介をしてくれることです。

そのことによりより早く相続手続きを完了することが出来ます。なお相続手続きは被相続人が亡くなった翌日から10ヶ月以内に済ませなくてはいけません。相続人が複数いたりする場合は意外と時間が掛かるのです。

関連ホームページ<川崎横浜|相続専門|【ソレイユ相続相談室】 税理士法人共同会計社>